Webplaza ArchNetz

Mac OS

Front Page

■■■ Mac OS X v10.13 (High Sierra) でのSMBによる共有フォルダ設定■■■

 

●共有設定の準備

アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「共有」をクリックし「共有」環境設定を開きます。

「ファイル共有」を選択し、「オプション」をクリックします。

「SMB を使用してファイルやフォルダを共有」を選択します。

Windows ユーザとのファイル共有に使用するユーザアカウントの横のチェックボックスを選択し、そのユーザのパスワードを入力してから、「OK」をクリックし、「完了」をクリックします。

 

●「/コンピュータ/Macintosh HD/ユーザ/共有」を開き、「共有」フォルダの中に「scan」と言うフォルダを作成する。

 

●システム環境設定を開き、共有をクリック。次にファイル共有チェックボックスを選択し、共有フォルダリスト下部の、追加(+)をクリックし作ってあるscanフォルダを追加する。

フォルダのアクセス権は「読み/書き」できるように設定しておく。

◎別の方法として、共有の中に作成した「scan」フォルダを共有フォルダリストの中にドラッグしてもよい。

 

●Directoryの記述

下記のように記述する。テキストをコピーして貼り付けると間違えにくい。

\\192.168.1.200\scan

 

●ユーザー名

このmacについてを開き、システムレポートのボタンを押す。

左の項目の、「ソフトウェア」をクリックして、右側に表示する「システムソフトウェア」の概要内の、ユーザ名の(括弧内) 英数字をコピーして使用する。

例鈴木太郎 (suzukitaro) と記述されている場合「suzukitaro」がユーザー名となる。

 

●パスワード

macの使用者、もしくは管理者に入力してもらう。

 

●デスクトップに、scanフォルダのエイリアスを作成しておく。

 

■Macにおけるバックスラッシュ(\)の入力方法

Mac OS XをJISキーボードで使っている時、プログラミングでよく使われるバックスラッシュ(\)を入力するための方法を記しています。

Mac OS XをJISキーボードで使っている場合、バックスラッシュ(\)の入力はoptionキーを押しながら、¥キーを押す事で入力できます。

毎回、optionキーを押しながら入力するのは面倒くさい人は、Mac OS XについているIME「ことえり」の設定を変えることで対応可能です。

画面右上に、黒地で白文字の「A」が出るように選択→「環境設定を表示」を選択。

「入力文字」の「JISキーボードの¥キーで入力する文字」を「\(バックスラッシュ)」に変更。

 

 

 

 

SMB解説

ネットワーク上のほかのユーザとファイルやフォルダを共有できます。Mac 全体をすべてのユーザと共有することも、特定のユーザに特定のフォルダのみへのアクセスを許可することもできます。

・「共有」環境設定を開きます(アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「共有」をクリックします)。

・「ファイル共有」チェックボックスを選択します。

・共有する特定フォルダを選択するには、「共有フォルダ」リストの下部にある「追加」ボタン(+)をクリックしてからフォルダを探し、そのフォルダを選択して「追加」をクリックします。

・お使いの Mac でアカウントを持っている各ユーザの「パブリック」フォルダは、自動的に共有されます。フォルダが共有されないようにするには、「共有フォルダ」リストでそのフォルダを選択し、「削除」ボタン(-)をクリックします。

デフォルトでは、お使いの Mac の「ユーザとグループ」環境設定で設定されたユーザが、ネットワーク経由で Mac に接続できます。管理者アカウントを持つユーザは Mac 全体にアクセスできます。

特定ユーザのみがフォルダにアクセスできるようにするには、「共有フォルダ」リストでそのフォルダを選択し、「ユーザ」リストの下部にある「追加」ボタン(+)をクリックします。次に、次のいずれかを実行します:

「ユーザとグループ」からユーザ(お使いの Mac のすべてのユーザを含む)を選択します。

「ネットワークユーザ」または「ネットワークグループ」からユーザ(ネットワーク上の全員を含む)を選択します。

連絡先からメンバーを選択します。メンバーのパスワードを作成して、「アカウントを作成」をクリックします。

ユーザのアクセスレベルを指定するには、「ユーザ」リストでユーザを選択してから、ユーザ名の横にある三角形をクリックし、次のいずれかを選びます:

読み/書き:ユーザは、フォルダのファイルを表示し、別のフォルダにコピーできます。

読み出しのみ:ユーザはフォルダの内容を表示できますが、そのフォルダにファイルをコピーすることはできません。

書き込みのみ(ドロップボックス用):ユーザはフォルダにファイルをコピーできますが、その内容を表示することはできません。

アクセス不可:ユーザは、フォルダのファイルの表示とコピーができません。

ゲストは Mac の共有フォルダにアクセスできます。ゲストアクセスを切にするには、「ユーザとグループ」環境設定の「ゲストアカウント」パネルで「ゲストユーザに共有フォルダへの接続を許可」の選択を解除します。

macOS のファイル共有では、「ファイル共有」を使って、お使いの Mac に同時に最大 10 人のユーザが接続することを許可できます。お使いの Mac に 10 台を超えるコンピュータが同時に接続できるようにする必要がある場合は、App Store で入手できる macOS Server を使用してください。





Front Page

Google
WWW の検索 ArchNetz の検索

Copyright (C) 2000-2018 Webplaza ArchNetz All Rights Reserved.